【フリードハイブリッド】グレードごとの違い・おすすめグレードは?

フリード

2016年9月16日にフルモデルチェンジをし2代目となった新型フリードハイブリッド。

フリードハイブリッドのグレードごとの違いや特徴を整理・比較したうえで、どのグレードがおすすめなのか選び方等を解説しています。

グレードの概要

グレード 概要
HYBRID B 最小限の装備に抑えた最廉価グレード
HYBRID G 「HYBRID G・Honda SENSING」からHonda SENSINGと右側パワースライドドアを外したグレード
HYBRID G・Honda SENSING ホンダセンシングなど装備を充実させた標準グレード
HYBRID EX 主に内外装の装備を充実させ高級感を増した最上級グレード
HYBRID Modulo X Honda SENSING ホンダのコンプリートカーブランド「Modulo X」シリーズ第4弾

「Modulo X」とは、ホンダの完全子会社である「ホンダアクセス」が開発した専用のカスタマイズパーツを、ベース車両と同じ工場で装着したコンプリートカーです。

主に内外装に専用のエアロパーツなどを加え上質感を増しているほか、足回りも専用カスタマイズによって走行性能がアップしています。

グレードごとの違い

価格と燃費

全グレードともエコカー減税により自動車取得税・自動車重量税は100%免税となります。
登録翌年度の自動車はグリーン化特例により概ね75%減税となります。(初回車検時の自動車重量税も100%免税)

グレード 乗車定員 駆動 価格(税込) 燃費
HYBRID B 6人 FF 2,256,000円 27.2km/L
6人 4WD 2,472,000円 25.2km/L
HYBRID G 6人 FF 2,376,000円 27.2km/L
7人 FF 2,397,600円 26.6km/L
6人 4WD 2,608,200円 25.2km/L
HYBRID G・Honda SENSING 6人 FF 2,496,000円 27.2km/L
7人 FF 2,517,600円 26.6km/L
6人 4WD 2728,200円 25.2km/L
HYBRID EX 6人 FF 2,656,000円 26.6km/L
HYBRID Modulo X Honda SENSING 6人 FF 3,130,920円 *1
7人 FF 3,152,520円

*1:Modulo Xは架装車両となり持ち込み登録のため燃費は公表されていません。

外装(エクステリア)

ボディカラー

ボディカラーは全9色展開となっています。
「HYBRID B」「HYBRID G」「HYBRID G・Honda SENSING」「HYBRID EX」ではすべてのカラーを選ぶことができ、「Modulo X」は「コバルトブルー・パール」「ホワイトオーキッド・パール」「プレミアムスパークルブラック・パール」の3色のみとなっています。

「ホワイトオーキッド・パール」「プレミアムスパークルブラック・パール」「フォレストグリーン・パール」の3色は32,400円アップ。
「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」は54,000円アップです。

グレードごとの見た目の違い

Modulo X以外エクステリアにはそれほど大きな違いはありません。

Modulo Xの専用装備については別記事で紹介するとして、残り3つのグレードの見た目の違いはヘッドライトとホイールくらいです。

LEDヘッドライト&LEDアクティブコーナリングライト

LEDヘッドライト&LEDアクティブコーナリングライト

「HYBRID B」のみハロゲンヘッドライトですが、「HYBRID B」以外のグレードはLEDヘッドライトとなっています。

「HYBRID B」と「HYBRID G」「HYBRID G・Honda SENSING」は15インチスチールホイルですが、「HYBRID EX」は15インチアルミホイールとなっています。

「HYBRID G」「HYBRID G・Honda SENSING」はメーカーオプションで15インチアルミホイールに変更可能。(Sパッケージ:70,200円)

ガラス

グレードが上がるとフロントウィンドウガラスやフロントドアガラスにIRカットが追加されます。
後席はグレードが上がってもIRカットは付きません。

○:標準装備、△:メーカーオプション、×:装備不可

グレード表記について:「B」は「HYBRID B」、「G」は「HYBRID G」と「HYBRID G・Honda SENSING」、「EX」は「HYBRID EX」です。

装備/グレード・駆動 B G EX Modulo X
FF 4WD FF 4WD FF FF
フロントウィンドウガラス UVカット
UV・IRカット × △*1
フロントドアガラス 高熱線吸収&UVカット
ハーフシェイドフロントウィンドウ スーパーUV・IRカット × △*1
プライバシーガラス
(リアドア・リアクォーター・テールゲート)
高熱線吸収&UVカット
コンフォートビューパッケージ
(撥水/ヒーテッドドアミラ&
熱線入りフロントウィンドウ&
フロントドア撥水ガラス)
× △*1
フロントワイパー 間欠 車速連動間欠
バリアブル間欠

*1:Sパッケージ:70,200円(パッケージ内容一覧はこちら)

内装(インテリア)

内装色

内装色はグレードによって異なり、「HYBRID B」はモカのみ、「HYBRID G」はモカとブラック、「HYBRID G・Honda SENSING」はモカ、ベージュ、ブラックから選べます。
※ブラックはメーカーオプション(Sパッケージ:70,200円)。

「HYBRID G」「HYBRID G・Honda SENSING」のモカはインパネミドルエリアが白木目調となっています。

*1:「HYBRID G」「HYBRID G・Honda SENSING」のブラックは「Sパッケージ」としてメーカーオプション

シート地・インパネミドルエリア

*1:「HYBRID G」「HYBRID G・Honda SENSING」のブラックは「Sパッケージ」としてメーカーオプション

運転席・ステアリングホイール

ステアリングホイールは基本ウレタンですが、「HYBRID EX」「Modulo X」では本革巻きステアリングホイールが標準装備となっています。
「HYBRID G」「HYBRID G・Honda SENSING」もメーカーオプション「Sパッケージ」で本革巻きステアリングホイールとなります。

*1:「HYBRID G」「HYBRID G・Honda SENSING」の本革巻きステアリングホイールは「Sパッケージ」としてメーカーオプション

安全装備

ホンダが誇る安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は、ベースグレード「HYBRID B」には装備不可、「HYBRID G」にはメーカーオプション(66,000円)、「HYBRID G・Honda SENSING」以上のグレードから標準装備となっています。

Honda SENSINGのパッケージ内容は以下8つの機能です。

  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
  • LKAS〈車線維持支援システム〉
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

グレード別の安全装備対応表

○:標準装備、△:メーカーオプション、×:装備不可

安全装備 HYBRID B HYBRID G HYBRID G・Honda SENSING HYBRID EX Modulo X
Honda SENSING ×
(66,000円)
クルーズコントロール ※ホンダセンシングに内含
1列目シート用 i-サイドエアバッグ
サイドカーテンエアバッグ
(1~3列目シート対応)
×
(48,600円)
ハロゲンヘッドライト
LEDヘッドライト
(ロービーム、オートレベリング、
オートライトコントロール機構付)
LEDアクティブコーナリングライト
×
ダブルホーン × × × ×

全グレード標準装備の安全装備/運転支援機能

  • 運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用i-SRSエアバッグシステム
  • EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS
  • VSA
  • エマージェンシーストップシグナル
  • ヒルスタートアシスト機能
  • 頚部衝撃緩和1列目シート
  • 1列目シート3点式ロードリミッター付プリテンショナーELR シートベルト
  • 1列目シート・アジャスタブル・シートベルトショルダーアンカー
  • 2列目シート3点式ELRシートベルト(左右席はロードリミッター付)
  • 3列目シート3点式ELRシートベルト
  • 汎用型ISOFIX チャイルドシートロアアンカレッジ(2列目左右席)+トップテザーアンカレッジ(2列目左右席)
  • 運転席/助手席シートベルト締め忘れ警告ブザー&警告灯(シートベルトリマインダー付)
  • LEDハイマウント・ストップランプ
  • エコアシスト(ECONモード、コーチング機能)
  • アイドリングストップシステム
  • イモビライザー(国土交通省認可品)
  • セキュリティアラーム(国土交通省認可品)
  • チャイルドプルーフ
  • 車両接近通報装置

その他の快適装備・ナビ

後席のパワースライドドアやエアコン、ナビなどのグレード別装備比較表です。

装備/グレード・駆動 HYBRID B HYBRID G HYBRID G・Honda SENSING HYBRID EX Modulo X
FF 4WD FF 4WD FF 4WD FF FF
左側パワースライドドア ×
右側パワースライドドア ×
(54,000円)
運転席&助手席シートヒーター × × × ×
プラズマクラスター技術搭載
フルオートエアコン
× △*1 △*1
Hondaインターナビ
リンクアップフリー
ETC車載器
〈ナビ連動〉
× △(243,000円) ×
ナビ装着用スペシャルパッケージ
ETC車載器
〈ナビ連動〉
×
スピーカー数 2 2 4*2 4*2 4*2 4*2 4*2 4

*1:Cパッケージ:48,600円(パッケージ内容一覧はこちら)
*2:Hondaインターナビを装備した場合6スピーカーとなります。

スペック

「Modulo X」以外のグレードはエンジンやサスペンション、タイヤサイズなども同じなので、特にスペックや走行性能などの違いはありません。

「Modulo X」ではエアロパーツ等によって高速道路などでの直進安定性が向上しています。

さらに専用サスペンションによって路面の凹凸や道路の継ぎ目などの段差でも揺れを感じにくく快適な乗り心地を実現しています。

「HYBRID B」「HYBRID G」「HYBRID G・Honda SENSING」では、FFだけでなくリアルタイムAWD〈インテリジェント・コントロール・システム〉を搭載した4WDも選択可能です。

選び方とおすすめグレード

本命は「HYBRID G・Honda SENSING」か「HYBRID EX」

新型フリードハイブリッドの一番売れている人気グレードは「HYBRID G・Honda SENSING」で全体の6割以上を占めています。
次点が「HYBRID EX」で2~3割といったところです。

ですので「HYBRID G・Honda SENSING」と「HYBRID EX」の価格差と装備内容の差からどちらを選ぶべきか考えてみます。

まずは価格差です。

HYBRID G・Honda SENSING HYBRID EX
駆動・乗車定員 FF・6人乗り FF・6人乗り
本体価格 2,496,000円  2,656,000円
価格差  – +160,000円

価格差は「HYBRID EX」が16万円高くなります。

次に装備内容の差を比較してみます。

○:標準装備、△:メーカーオプション、×:装備不可

装備内容 HYBRID G・Honda SENSING HYBRID EX
1列目シート用 i-サイドエアバッグシステム
サイドカーテンエアバッグシステム〈1~3列目シート対応〉
グラブレール(運転席)

(48,600円)
ダブルホーン ×
運転席&助手席シートヒーター ×
Cパッケージ
(48,600円)
Sパッケージ
(70,200円)
インテリアイルミネーション
(1列目ウォークスルー照明/フロントドアライニング/
インパネトレイ〈助手席側〉)
×
バニティミラー付き
運転席用&助手席用サンバイザー

照明付
メタリック塗装パワーウインドウスイッチパネル
フロント

フロント/リア

「HYBRID G・Honda SENSING」に「サイドエアバッグシステム」「Cパッケージ」「Sパッケージ」の3つをメーカーオプションで追加すると合計167,400円となります。

この時点で「HYBRID EX」との差額16万円を上回り、さらに「HYBRID EX」にはダブルホーンやシートヒーター、インテリアイルミネーションなども付いてくるので、「サイドエアバッグシステム」「Cパッケージ」「Sパッケージ」の3つが欲しいなら、最初から「HYBRID EX」を選んだ方がお買い得です。

反対に『「サイドエアバッグシステム」は欲しいけど、「Cパッケージ」「Sパッケージ」は不要。』など、必要なメーカーオプションを一部選んで追加したいなら「HYBRID G・Honda SENSING」を選んで必要なもののみ追加すればいいでしょう。

オプションのおすすめは?

フリードは子育て世帯の方に人気のミニバンなので、チャイルドシートで子どもを乗せるであろう2列目を側面衝突から守るために「i-サイドカーテンエアバッグ+サイドカーテンエアバッグ(48,600円)」は付けたいです。

Cパッケージは主に車内の快適性をアップする装備がセットになっており、Sパッケージは主に見た目の高級感を増す装備が追加されます。

Cパッケージ(48,600円)
・プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー
・ロールサンシェイド
・IRカット/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス
・IRカット/スーパーUVカットフロントドアガラス
・コンフォートビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー+熱線入りフロントウィンドウ+フロントドア撥水ガラス)
Sパッケージ(70,200円)
・15インチアルミホイール
・コンビシート&専用インテリア
・本革巻きステアリングホイール
・シートバックアッパーポケット

IRカットはできればつけたいところですが、どっちみち後席は「高熱線吸収&UVカット」のみですし、市販のカーテン等でも代用できるので、Cパッケージは無理してつけなくてもいいかもしれません。

Sパッケージは見た目の好みの面が大きいですが、フリードの弱点と言われている内装の安っぽさをかなりカバーできるオプションとなっています。
できれば実物を見比べて決めた方がいいでしょう。

他のメーカーオプションやディーラーオプションなど各オプションについては下記記事で詳しく解説しています。

[作成中]

安さ重視だとしても「B」ではなく「G」がおすすめ

ホンダセンシングはなくていいのでできるだけ安く新型フリードハイブリッドを買いたいという場合、ベースグレードの「HYBRID B」を検討している方もいるかもしれません。

ですが「HYBRID B」は最小限の装備しか付いておらず、同じホンダセンシングなしの「HYBRID G」と比べると装備内容と価格差が見合っていません。

HYBRID B HYBRID G
本体価格 2,256,000円 2,376,000円
価格差  – +120,000円

「HYBRID B」と「HYBRID G」の価格差は12万円です。

装備内容の差は以下表のようになっています。

装備内容 HYBRID B HYBRID G
ホンダセンシング ×
(66,000円)
クルーズコントロール
1列目シート用 i-サイドエアバッグシステム
サイドカーテンエアバッグシステム〈1~3列目シート対応〉
グラブレール(運転席)
×
(48,600円)
ハロゲンヘッドライト(マニュアルレベリング機構付)
LEDヘッドライト(ロービーム、オートレベリング/
オートライトコントロール機構付)
LEDアクティブコーナリングライト
×
左側パワースライドドア ×
右側パワースライドドア ×
(54,000円)
Cパッケージ ×
(48,600円)
Sパッケージ ×
(70,200円)
Honda インターナビ+リンクアップフリー
+ETC車載器〈ナビゲーション連動〉
×
ナビ装着用スペシャルパッケージ
+ETC車載器〈ナビゲーション連動〉
×
スピーカー数 2 4
助手席シートバックポケット ×
運転席用&助手席用サンバイザー
バニティミラー付き
メタリック塗装パワーウインドウスイッチパネル ×
センターテーブル(インストルメントパネル内蔵型) ×
シルバー塗装エアコンアウトレットノブ ×

「HYBRID B」は子育て世帯に人気のミニバンなのにパワースライドドアが装備不可なのが致命的です。
メーカーオプションですら付けられません。
この1点のみだけでも「HYBRID B」を選ぶべきではないと言えます。

上記の装備比較表でも一目瞭然のように装備内容には本体価格差12万円以上の差があります。

「HYBRID G」では標準装備となっている「左側パワースライドドア(54,000円相当)」「LEDヘッドライト(70,200円相当)」「ナビ装着用スペシャルパッケージ(44,300円相当)」の3つだけでも168,500円となります。

Honda SENSINGが不要だったとしても「HYBRID B」は選ばず「HYBRID G」を選ぶようにしましょう。

もし予算的に難しいようなら新車にこだわらず中古車で現行の新型フリードかフルモデルチェンジ前の初代フリードの上位グレードを探した方がいい買い物をできるかもしれません。

ハイブリッドかガソリンか?

このページをご覧ということはフリードハイブリッドで検討しているのだと思います。

ですがもしガソリン車とハイブリッドカーどちらかで迷っているなら下記記事にフリードのガソリン車とハイブリッドの比較や選び方を解説しています。

[作成中]

6人乗りか7人乗りか?

フリードは6人乗りと7人乗りを選べます。

とはいえほとんどが6人乗りで、7人乗りは「HYBRID G(FF)」「HYBRID G・Honda SENSING(FF)」「HYBRID Modulo X Honda SENSING」の3グレードのみです。

基本は6人乗りを選んでおけばいいですが、6人乗り、7人乗りそれぞれにメリット・デメリットがあります。

フリードの6人乗り・7人乗りそれぞれのメリット・デメリットやどちらを選べばいいのか?選び方のポイントなどを下記記事にまとめてあります。

[作成中]

FFか4WDか?

「HYBRID B」「HYBRID G」「HYBRID G・Honda SENSING」では、FFの2WDだけでなく4WDも選択可能です。

FFと4WDどちらを選ぶべきか選び方のポイントなどを下記記事で解説しています。

[作成中]

モデューロXはお好みで

「HYBRID Modulo X Honda SENSING」は専用エアロパーツが追加され見た目がクールになり、専用サスペンションなどのチューニングによって走行性能・快適性もアップしています。

ですがいかんせん値段が高い。

「HYBRID EX」よりも50万円近く、「HYBRID G・Honda SENSING」とは60万円以上も価格が高くなります。

下記記事で「フリードのモデューロX」について違いや特徴など詳しく解説しているので参考にしてみてください。

[作成中]

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

車を高く売るには、複数の買取業者へ見積もりに出して、競争させることが必須です。
複数業者で見積もりを競争するので交渉せずとも勝手に査定額が上がっていくんですね。
ディーラーでの下取りや1~2社程度の買取業者への売却だと、安値で買い叩かれるのがオチですので注意しましょう!
かんたん車査定ガイド」を使えば、一括で最大10社への見積もり依頼がカンタン・無料でできます。

提携先査定会社

チャットで手軽に中古車探し

「車に詳しくないけど中古車選びで失敗したくない。」「忙しくて中古車屋さんに探しに行く時間がない。」「どんな車がいいか分からないから色々相談したい。」
そんな方におすすめなのがガリバーの「クルマコネクト」です。

チャットで相談できるので、スキマ時間に手軽に中古車探しができちゃいます。
電話や対面じゃないから無理な売り込みをされる心配もナシ。
カーセンサー等のネットでは公開されていないお買い得な非公開在庫も見つかりますよ♪

フリード
car-sentaiをフォローする
クルマ戦隊

コメント