中古輸入車って故障が多いって本当?

よくある質問と回答

中古の輸入車(外車)は故障が多いから買うのはやめておけ!なんて言われて、どうしようか悩んでいる。なんて方は多いのではないでしょうか?

実際のところ、やはり中古輸入車は故障が多いのでしょうか?
やはり中古車を買うなら国産にしておいた方が安心なのでしょうか?

実際のところどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

正規輸入車と並行輸入車の違いを知る

中古輸入車は壊れやすいのか?を考えるためには、正規輸入車と並行輸入車の違いを知る必要があります。

正規輸入車とは、海外(現地)の工場で日本の市場向けに生産され、正規の輸入ディーラーが販売している輸入車のことです。
並行輸入車とは、現地で現地向けに販売されている自動車を業者などが日本へ輸入車して販売している輸入車のことをいいます。

正規輸入車のディーラーだとメルセデスベンツを販売しているヤナセが有名ですね。

正規輸入車は元から日本へ輸出する目的で生産されているので、日本の安全基準や湿気の多い日本の気候に合うように設計されています。
逆に並行輸入車は元々、日本向けに生産されているわけではありません。

そして、多くの輸入車ユーザーが「故障が多い!」とぼやいているのは、並行輸入車だったりします。
湿度の高い日本の気候は多くの輸入車にとっては厳しい環境らしく、特に電装品の故障が多くなります。

ですが、正規輸入車は元々、日本の気候に合わせて作られているので、並行輸入車のように「故障が多い!」ということはあまりありません。

ただし、日本車は購入してから車検だけであとは特にメンテナンスしていないというユーザーが多く、メンテナンスをちゃんとせずともあまり壊れません。
外車の場合、メンテナンスをきちんとしないといけません。
これは故障というより、消耗品等の交換時期が日本車より短くなっているからです。

中古の輸入車を買う場合は要注意!

中古輸入車の場合、その車が正規輸入車なのか、並行輸入車なのかというのをしっかり確認してから購入した方が安心です。
並行輸入車の中古となると、かなり故障が多くなったりして、手間とお金がかかる可能性が高いです。

またいざ、故障した際や部品交換の必要がある際に、すぐに部品を手に入れることができずに輸入する必要があったりして、かなり大変なことになる可能性も高いです。
そこまで手間とお金をかけてでも乗りたい車がある!という場合はいいですが、そうでない場合に安易に中古の輸入車に手を出すことはおすすめしません。

安心できる中古輸入車が欲しいなら認定中古車がベター

認定中古車とは、正規ディーラーが扱っている中古車のなかでも特に状態のよい中古車のことを指し、ディーラーが独自保証などをつけて販売しています。
BMWやベンツ、アウディなど各種輸入車にも認定中古車があり、正規輸入車ディーラーが扱っています。

認定中古車なら、元々状態がよくしっかりメンテナンスされてきた中古車なので、故障の可能性も低いですし、保証もしっかりついていて、いざという際のメンテナンスもしっかりディーラーが対応してくれるので安心です。
部品がなくて・・・。なんてこともないでしょう。

ただし、ネックは普通の中古車よりも割高になることです。
ここは多少お金を多く払ってでも後々の安心を買うか、それともリスクを背負ってでも安く買うかというところです。

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

車を高く売るには複数の買取業者へ見積もりに出して、競争させることが必須です。
複数業者で見積もりを競争するので交渉せずとも勝手に査定額が上がっていくんですね。
ディーラーでの下取りや1~2社程度の買取業者への売却だと、安値で買い叩かれるのがオチですので注意しましょう!

かんたん車査定ガイド」を使えば、一括で最大10社への見積もり依頼がカンタン・無料でできます。

よくある質問と回答
スポンサーリンク
クルマ戦隊をフォローする
クルマ戦隊

コメント