白や黒の人気カラーを避けて不人気カラーを攻めてみる

中古車を安く買うコツ・お買い得車を見つける方法

クルマの人気カラーは基本的に黒か白に集中しています。

新車で購入するときも、白と黒だけは他の色よりも数万円値段が上がったりします。
当然、中古車でも同じことで、基本的に人気は白と黒に集中します。
ですので、白と黒の中古車の価格の方が他の色の価格よりも高くなります。

スポンサーリンク

できるだけ安く買うには、白か黒以外の色を狙うという手もあります。
車種や程度にもよりますが、白や黒の人気色と、赤、黄、青、紫、緑などの不人気色と比較すると、数十万円程度価格が変わってくることもあります。

車種やボディタイプによって不人気色は変わってくる!

先ほど、赤、黄、青、紫、緑が不人気カラーだと書きましたが、確かに、一般的には派手な色、奇抜な色などが不人気色となっています。
やはり、あまりにも目立つ色だと、街中でじろじろ見られてしまい気になったり、買った時は色が素敵!と思って買っても、長い間乗っていると飽きてしまう。なんてことが理由のようです。
ですので、無難で飽きの来ない黒と白に人気が集中しているのですね。

ただし、これはあくまで一般的なお話です。

たとえば、以下のクルマを見てください。

ピザハットの営業車

これはピザハットの宅配に使われているクルマですが、こういう感じで会社などの営業などで使われている自動車ってだいたい白ですよね?
しかも、コストの安い軽自動車やコンパクトカーが多いです。

ですので、軽自動車やコンパクトカーの場合、白色は営業車に見えてしまってどうもかっこ悪いということから敬遠され不人気カラーとなっています。

また、一般的には派手で目立ちすぎるという理由で、不人気色となっている赤ですが、アルファロメオでは一番の人気色となっていますし、ミニクーパーでも赤は人気色です。

以上のように車種やボディタイプによって、人気色と不人気色は違ってきますので、自分の欲しい車種の人気色と不人気色はきちんと調べておいた方がいいでしょう!

スポンサーリンク

あえて人気色を狙うという手も?

できるだけ中古車を安く買うためには、人気色よりも不人気色を狙え!と書いてきましたが、あえて人気色を狙うという手もあります。
なぜなら、不人気色は買うときは安く買えますが、逆に売るときには査定額は安くなってしまうからです。

たとえば、100万円で買った人気色車と、90万円で買った不人気色車があったとします。

で、数年後に買い換えすることになり、買取査定が、人気色車が50万円、不人気色車が40万円なんてことになると、結局、プラスマイナスゼロなんてことにもなりますね。

これが自分の気に入って乗っていた不人気色ならいいんですが、安いからと我慢して乗っていたのに、結局、トータルでは費用は変わらなかった!なんてことになると、ちょっとやりきれないですね。

もちろん、買い換えなんてことをせずに、廃車になるまで乗り潰すんだ!という気持ちで購入するのなら、安い不人気色車はお得です。

ですが、将来的に買取に出すときのことまで考えると一概に不人気色の方がお得というわけではないので、安いという理由だけで盲目的に不人気色車に飛びつくのはやめましょう!

ま、結局は自分の欲しい色を買おう!ってことですかね^^;
何色がいいか分からないということなら、無難に人気カラーを選んでおけば大きな失敗はないでしょう!

コメント