試乗編~実車チェックのポイント~

程度の良い中古車の見極め方

新車であれば、試乗ができないということはほぼないですが、中古車の場合、試乗ができない場合が多いです。

中古車の試乗ができないことが多い理由
新車の場合は、まず購入前に試乗ができないということはありませんが、中古車の場合、逆に試乗ができることの方が少なかったりします。 購入側としては、新車と違って中古車は一台一台状態が違うので、中古車こそ試乗をして実際の乗り心地や程度を見極めた...

それでも、試乗ができる場合もありますし、大型店などだと試乗用のコースを店内の敷地に用意している場合もあります。
また、エンジンをかけて少しだけ前後に動かすだけなら・・・という感じでOKしてもらえる場合もあります。

スポンサーリンク

今回は、運良く試乗ができた場合に、チェックするべきポイントを解説したいと思います。

直進安定性やハンドルのぶれなどをチェック

直進しているときにハンドルから手を離してみて、勝手に右や左に寄っていったりせずにまっすぐ走るか。
ハンドルに変な振動やぶれなどがないか。
自分の運転しやすい位置にハンドルはあるか、また調整はできるか。

アクセス・ブレーキのチェック

走り出し時のアクセスの重さやレスポンスを確認します。
走り出し時のアクセスは重すぎないか、走行中に踏み込み量に応じてスムーズに加速・減速をするか。

ブレーキも同様に重さやレスポンスを確認します。
踏み込み量に応じて、きちんと思った場所に停止できるか。

また、ブレーキを踏んだ時に、キーキーという異音はしないかも確認。
異音がする場合は、ブレーキパッドが消耗していて交換時期が近いです。
店にもよりますが、ブレーキパッドの交換には、1万円前後の費用がかかります。

ミッションのチェック

P1240129-800x600

MT(マニュアル)車の場合は、ギアの入りにくいところはなく、スムーズにシフトチェンジできるか。
クラッチは滑っていないか。

AT(オートマティック)車の場合は、D(ドライブ)で走行中のギアチェンジ時に、変なショックがなく、スムーズにシフトアップするかをチェックしましょう。

メーター類のチェック

 

スピードメーターやエンジン回転数(タコメーター)、水温計、燃料計などの表示部分をインストゥルメントパネル(インパネ)といいますが、インパネの表示がきちんと動作しているかを確認します。
実際の走行速度に応じてスピードメーターはきちんと動作しているか、走行中にメーター類が変にぶれたりしていないか。

乗り心地や運転のしやすさなど

その他、シートの座り心地や視界の広さ、静音性など、実際にこの車を買って、乗っているシーンを想像しながら、確認してみましょう。

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

車を高く売るには、複数の買取業者へ見積もりに出して、競争させることが必須です。
複数業者で見積もりを競争するので交渉せずとも勝手に査定額が上がっていくんですね。
ディーラーでの下取りや1~2社程度の買取業者への売却だと、安値で買い叩かれるのがオチですので注意しましょう!
かんたん車査定ガイド」を使えば、一括で最大10社への見積もり依頼がカンタン・無料でできます。

提携先査定会社

程度の良い中古車の見極め方
クルマ戦隊をフォローする
クルマ戦隊

コメント