下取り車がある場合は買い取りの見積もりに出して適正相場を調べておく。

中古車を安く買うコツ・お買い得車を見つける方法

下取り車がある場合は、中古車販売店に行く前にやっておくべきことがあります。

それは、中古車買い取り業者の一括見積もりに出しておくということです。

スポンサーリンク

なぜ、買い取り業者に見積もりを取っておくべきなのか?

中古車買うときも新車ほどではないですが、値引き交渉の余地がある店もあります。
その場合、新車を買うときにディーラー等でよく使われる手ですが、値引きを下取り額で調整するということがあります。

どういうことかというと、下取り車を相場よりも安い値段で見積もりを出しておいて、新車の車両価格を値引くふりをするというです。
たとえば、本来なら20万円の買い取り相場の下取り車を、この車なら10万円で下取りますよ。と見積もりを出しておきます。

で、新車購入の値引き交渉の際に、10万円値引きますので決めてください!とクロージングに持って行きます。
お客はさらに10万円も値引いてくれるんなら、決めてしまうか。となります。

ところがどっこい、その10万円は下取り車の見積もりを安く見積もっている金額から取っているので、ディーラーとしては痛くもかゆくもない値引きというわけなんですね。

これは中古車購入の際の値引き交渉でも使われたりします。

こういうディーラーの値引き交渉テクニックを見破るために、あらかじめ買い取り専門業者に下取り車の見積もりを出しておくわけです。
そうすれば、下取り車のだいたいの買い取り相場が把握できますから、ディーラーで下取りの見積もりを出してもらった際に、適正な査定をしているかが分かるというわけですね。

なぜ、一括見積もりがいいのか?

買い取り業者にも色々得手不得手があります。
買い取った車を海外へ輸出することが得意な業者、自社で中古車として国内で販売する業者、カーオークションへ出品するなど様々な業者があり、業者ごとに買い取り査定の金額は違ってきます。
ですので、最低でも3社以上は査定に出してみないと、なかなか下取り車の適正な買い取り相場は分かりません。

かといって、自分でいちいち何社も買い取り業者を訪ねて、査定してもらうのは骨が折れるので、ネットの一括査定を賢く使おうというわけですね。

ネットで一括買い取り査定に申し込めば、近所の業者が出張見積もりに来てくれるので、こちらから出向かなくてもいいですし、複数の業者へ一括で見積もり依頼を出せるので、楽ちんです。

コメント