購入する前に駐車場の準備が必要。安い駐車場の探し方

ゼロから分かる!中古車購入の手順・流れ

中古車を購入するためには、あらかじめ駐車場の準備をしておく必要があります。

とりあえず購入して、そこらへんに停めておいて後から駐車場を探せばいいか~ってわけにはいかないということですね。

スポンサーリンク

中古車の購入契約時に、車庫証明という『私はちゃんとこの車を駐車しておく駐車場の準備がありますよ。』という書類を警察から出してもらわないといけません。

車庫証明の手続きは自分でもできますし、中古車を購入する販売店に代行してもらうこともできます。
代行してもらう場合は、代行手数料がかかります。

また、軽自動車の場合は、地域にもよりますが、基本的に車庫証明は不要です。

駐車場の探し方

自宅の敷地やマンションについているなら、その駐車場を利用すればいいですが、ない場合は、近所の駐車場を探す必要があります。

駐車場は自宅から2km以内と定められていますので、近所をぷらぷら歩いて探すのが、原始的ですが、一番いい方法です。

あまり遠いと雨の日や荷物の多い日などに大変なので、できるだけ自宅から近い場所で探しましょう。

よさげな駐車場が見つかったら、だいたい管理会社の看板がかかっていて、空き有りとか書いてますので、書いてある電話番号に電話すればOKです。

連絡した際には、

  • 空きがあるかどうか。
  • 月いくらで借りることができるのか。
  • どこに契約にいけばいいのか。
  • 契約に必要なものは何か。

を聞いておきましょう。

あとは管理会社の指示にしたがって契約しましょう。

ネットで検索したり、不動産業者に行って紹介してもらうという方法もありますが、あまりおすすめしません。

なぜなら、駐車場のオーナーは、高齢者の方が多く、ネットに載せていない駐車場の方が多いから。
また、不動産業者にとって、駐車場の仲介はあまり儲からないので、件数も少ないからです。

安い駐車場を探すポイント

駐車場の賃料は住んでいる地域によって大きく差があります。

都市部では、4万・5万するのも普通ですが、地方になると5000円だったりします。

ですが、どの地域にも共通して安い駐車場の特徴はありますので、まとめておきます。

駅の近くは高い。

賃貸マンション・アパートでもそうですが、駅近というのは、駐車場も高いです。
必要性がないなら避けたほうが無難です。

アスファルトよりも、砂利や砂のままの方が安い

できれば、アスファルトで舗装されている方が車にはいいでしょうが、賃料でいうと、砂利や砂の駐車場の方が安いです。

道路公団が管理している月極駐車場を探す

比較的安いです。
主に高速道路の下などの駐車場です。
道路公団のホームページで検索できます。

分かりにくい場所や入り口が狭いなど入れにくい場所にある駐車場

見つけられにくかったり、入れにくいと普通の人は避けるので、安かったりします。

ネット検索は駐車場の相場を把握するために使う

ネットで月極駐車場を探すのはおすすめしないと書きましたが、手軽に色々な駐車場の情報を検索できるので、自分の探している地域の駐車場の相場を知るのに便利です。

いくつか紹介しておきます。

駐マップ
HOME’S
パーキングポイント

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

車を高く売るには、複数の買取業者へ見積もりに出して、競争させることが必須です。
複数業者で見積もりを競争するので交渉せずとも勝手に査定額が上がっていくんですね。
ディーラーでの下取りや1~2社程度の買取業者への売却だと、安値で買い叩かれるのがオチですので注意しましょう!
かんたん車査定ガイド」を使えば、一括で最大10社への見積もり依頼がカンタン・無料でできます。

提携先査定会社

チャットで手軽に中古車探し

「車に詳しくないけど中古車選びで失敗したくない。」「忙しくて中古車屋さんに探しに行く時間がない。」「どんな車がいいか分からないから色々相談したい。」
そんな方におすすめなのがガリバーの「クルマコネクト」です。

チャットで相談できるので、スキマ時間に手軽に中古車探しができちゃいます。
電話や対面じゃないから無理な売り込みをされる心配もナシ。
カーセンサー等のネットでは公開されていないお買い得な非公開在庫も見つかりますよ♪

ゼロから分かる!中古車購入の手順・流れ
car-sentaiをフォローする
クルマ戦隊

コメント