中古車購入の諸費用って何があるの?

ゼロから分かる!中古車購入の手順・流れ

車を購入する際には、新車でも中古車でも、車の本体価格以外に、諸費用と呼ばれる、費用がかかります。

スポンサーリンク

諸費用は、

税金や保険料などどの店で購入しても、購入する車の排気量や車検残の有無などに応じて決まった金額がかかってくる法定費用

運輸局への登録代行手数料や車庫証明代行費用、整備費用などの販売店手数料があります。
販売店手数料は、各種代行手続きに対しての代行手数料と、車両整備などを行う整備費用とがあります。

販売店手数料は、お店によって呼び方や項目、金額なども統一されておらず、悪質なお店だと、車両価格を安く表示して、よく理解していないお客に対し、販売店手数料を不当に高額を請求する店もあるので注意が必要です。

悪質な店にぼったくられない為にも、諸費用にはどのような費用があり、金額はどれくらいなのか?などをしっかり理解しておくようにしましょう!

法定費用

自動車税

車を持っていることに対してかかってくる車の税金で都道府県税で、車の排気量によって税率が変わってきます。

4月1日現在の車の所有者に対して、毎年かかってきて、4月~翌年3月までの1年分を前払いします。
年度の途中で中古車を購入した場合は、月割り分(未経過分)を支払う形となります。

自家用車の場合、最安値は軽自動車(660cc)の7200円で、最高値は6000cc超の11万1000円となっています。

詳しい税額は、自動車税の早見表をご覧ください。

自動車重量税

車両重量に応じてかかってくる税金で、国税です。
500kg刻みで金額が変わります。

車検の際にのみ支払う必要がありますので、もし車検が残っている中古車を購入する場合は支払う必要はありません。

また、エコカー減税対象車の場合は、中古車も対象ですので、割引きを受けることができます。

自動車取得税

車を取得することに対してかかってくる税金で、都道府県税です。

価格は車の購入価格に応じて変わってきます。
新車の場合、車の取得価格の5%(軽自動車は3%)となっています。
取得価格とは、車両本体価格+主要オプションの価格の9割から、1,000円未満を切り捨てた金額となります。

中古車の場合、上記金額を元に、経過年数によって、1年で0.681、2年で0.464・・・などの減価償却率をかけた価格に対して計算されます。

自賠責保険料

正しい名称は、自動車損害賠償責任保険といい、車の所有者、または使用者が必ず加入しなければならない保険です。
強制保険とも呼ばれています。

車検の際に支払うものなので、基本的には車検が残っている中古車を購入する場合は支払い必要はありません。
ですが、最近は、中古車販売店が、前オーナーから車を買い取る際に、未経過分を返金し、その金額を、新しく購入する新オーナーに『自賠責保険未経過相当額』として、請求するのが一般的となっています。

消費税

言わずと知れた消費税です。
中古車の購入に対してもかかってきます。

2014年3月31日までの場合は、5%ですが、2014年4月1日以降は、8%に値上げされます。
さらに、2015年4月には、10%へ値上げされる可能性があります。

法定預かり費用

運輸支局への登録や車庫証明の申請、名義変更申請の際に必要となる、印紙代のことです。
登録費用、車庫証明費用という項目で、販売店手数料に組み込まれていることもあります。

自動車リサイクル料金

2005年1月1日にスタートした自動車リサイクル法に基づき、車の購入時や車検時に支払う必要があります。

自動車リサイクル料金は、最終所有者(廃車にする人)が負担する形になるので、車を売却する際には、返金されます。

販売店手数料

登録代行費用

購入した中古車の名義人を前オーナーから自分に変更する手続きを代行してもらうための費用です。

正式な名称が決まっているわけではないので、販売店によって呼び方は異なりますが、だいたい登録費用 登録代行費用 登録手続費用 検査登録費用 名義変更費用などと言われることが多いです。

相場は、販売店によっても違いますが、1万円~3万5千円くらいの店が多いです。

また、登録手続きを自分ですれば、実費だけで済みますが、前オーナーの委任状などかなり色々な書類が必要で、手続きがややこしいのと、販売店は諸々の理由から、お客さんに登録手続きを任せることを嫌いますので、販売店にお任せすることが一般的です。

納車費用

購入者の自宅などへ購入した車を届けてもらうための費用です。

販売店まで自分で車を取りに行けば不要です。
もちろん販売店によっても違いますが、相場はだいたい5000円~30000円くらいです。

車庫証明代行費用

車庫証明の取得を代行してもらうための費用です。
車庫証明について詳しくは、『車庫証明とは?』をご覧ください。

相場は、10000円~15000円くらいのお店が多いようです。

また、車庫証明の取得手続きは意外と簡単なので、自分でやる方も多いです。
最低2回は警察署に行かなければいかず面倒ですが、自分でやれば、実費の2500円程度で済みます。

整備費用

販売店によって、定期点検法定整備(法定12ヶ月点検法定整備または24ヶ月点検法定整備)を指す場合と、販売店独自の整備を指す場合があるので、しっかり確認する必要があります。

また、整備費用が車両価格に込みなのか、別なのかもしっかり確認する必要があります。

悪質な販売店だと、整備費用をとっておきながら、実際には整備しないという店も存在するようなので、法定整備なら点検法定整備記録簿は交付されるのか、販売店独自の整備なら整備記録簿は発行してもらえるのか?

をしっかり確認するようにしましょう。

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

車を高く売るには複数の買取業者へ見積もりに出して、競争させることが必須です。
複数業者で見積もりを競争するので交渉せずとも勝手に査定額が上がっていくんですね。
ディーラーでの下取りや1~2社程度の買取業者への売却だと、安値で買い叩かれるのがオチですので注意しましょう!

かんたん車査定ガイド」を使えば、一括で最大10社への見積もり依頼がカンタン・無料でできます。

ゼロから分かる!中古車購入の手順・流れ
スポンサーリンク
クルマ戦隊をフォローする
クルマ戦隊

コメント