まずは予算を決めましょう!無理のない中古車購入予算の決め方

ゼロから分かる!中古車購入の手順・流れ

中古車を買うための手順、第一歩はまず『予算を決める』ことです。

いくらでもお金があるのであれば、ポルシェでもフェラーリでも欲しい車を何でも好きに買えばいいのですが、残念ながら、出せる金額には限度があります。

スポンサーリンク

ですので、まずは【予算】を決めて、その予算内で買える中古車に絞り込んでいくことになります。

中古車購入予算を決める際のポイント

中古車の購入費用は『支払い総額』で考える

中古車販売店のチラシや店頭のプライスボードを見て、「うわ!安い!これにしよう!」と決めてしまうのは早計です。

なぜなら、中古車を購入するときには、チラシやプライスボードに書いてある車両本体の価格意外にも、『諸費用』といって、税金や保険など、車両本体以外にもかかってくる費用があるからです。

この諸費用の値段は、どんな車を買うかによっても変わってくるので、一概には言えませんが、だいたい10~30万円くらいは見ておく必要があります。

ですので、中古車の購入費用は必ず、車両本体の価格だけを見るのではなく、諸費用も入れた総額でいくらになるのかで予算を考えるようにしましょう!

中古車購入費用総額 = 車両本体価格 + 諸費用(税金・保険・手数料など)

現金一括か、ローン(分割)か、(ローンなら)頭金はいくら払うのか。

支払い方法をどうするのか?という点も、予算を決めるには大事なポイントです。

手元に中古車購入に使える現金が50万円あったとすると、現金一括の場合、諸費用も入れた総額で50万円までの中古車しか購入できません。

しかし、ローンも視野に入れた場合、頭金に50万円を支払い、残額をローンにして、毎月分割で支払っていくことで、もう少し予算を上げることも可能になります。

もちろん、ローンには金利が追加されるので支払総額は一括払いよりも増えますし、無理な支払いプランにすると、ローンの支払いができなくなり、せっかく買った車を手放すことにもなりかねません。

現金一括払い・分割払い、どちらを選ぶにしても、日々の生活費がいくらかかるのかをしっかり把握したうえで、無理のない予算を設定しましょう!

また、特にローンを選ぶ場合、毎月の分割金の支払いだけでなく、ガソリン代やメンテナンス費、さらに税金や保険代など、車には維持費もかかってくるので、維持費とローンの総額で考えるようにしましょう!

現金一括払いや頭金を入れる場合も、たとえば貯金が100万円あるからといって、全額を使うのはやめておきましょう。
やはり20~30万円くらいは、購入後の万が一のトラブルのために残しておきたいところです。

もし貯金が少なくて、購入後に20~30万円を残すのが厳しい場合は、その分をローンにしてでも、手元に現金を残すようにしましょう。
金利がかかったとしても、手元に現金を置いて置く方が安心です。

また、運良く親などからの援助を受けられる場合は、ありがたく受けましょう。
親からの援助はもし借金だったとしても、金利がかかりませんので、ローンを利用するよりもお得です。

下取り車はあるのか?

もしいま乗っている車からの買い換えだった場合、いまの車を下取りに出しますね。

ですので、その下取り価格も計算に入れるようにしましょう。

このときに大事なポイントは、中古車を購入するお店だけで下取り価格を査定してもらうのではなく、必ずネットで中古車買取専門の業者に査定をしてもらっておくことです。

また、その査定も1社だけでなく、最低でも3社は買取の見積もりを取りましょう。
そうすることで、下取り車の買取相場が分かりますので、買いたたかれることもなくなります。

複数の買取業者に査定をしてもらうには、いちいちこちらかお店に行くのは手間なので、ネットを利用して一括見積もりに出しましょう。
無料で出張査定に来てくれるので楽ちんです。

スポンサーリンク

予算を決めるための計算式

現金一括払いの場合の計算見本

予算(車両代+諸費用) =
貯金 + 親からの援助 - 万が一に備える現金(約20~30万円) + 下取り価格

分割払いの場合の計算見本

頭金 = 貯金 + 親からの援助 - 万が一に備える現金(約20~30万円) + 下取り価格

毎月の返済額 = 収入 - 日々の生活費・貯金等 + 維持費(ガソリン代・保険代等)

分割払いでは、まず上記の式で、支払うことのできる頭金を決めます。
その頭金で、ローンのプランを組んでもらい、実際の毎月の返済額を出してもらいます。
その毎月の支払い額が、上記の式で求めた金額をオーバーする場合は、予算オーバーですので、支払い期間を長くして、毎月の支払い額を下げるか、購入予算を下げます。

無理のない予算を決めるために

中古車の購入予算を無理のない金額に決めるためには、あなたの年収や、現在の家族構成(独身・夫婦のみ・子供有り)や、他のローンはあるのか(住宅ローン等)、などによっても変わってくるので、一概にいくらです!と言うことはできません。

しかし、上記に書いたように『中古車購入予算を決める際のポイント』

  • 車両価格+諸費用の支払い総額で考える。
  • 万が一の場合に備えて、最低20~30万円の現金を手元に置いておく。
  • (分割の場合)維持費も考えた上で、毎月の支払金額を決める。
  • (買い換えの場合)複数の買取専門業者に見積もりを取っておく。

最低でも、この4点のポイントを意識して、予算を決めることができれば、無理のない予算を組むことができるでしょう。

中古車購入予算を決める計算を自動でできる計算ツールを作りました。
ぜひ活用してください。
中古車購入予算を決めるための計算ツール

コメント