在庫確認の上、予約をしてから来店するのがベターです。

ゼロから分かる!中古車購入の手順・流れ

お店に行く前にやることをすべてこなせば、ついに実際にお店に出向いて、実車を見にいきます。

そのときに、「事前にお店に連絡して来店予約はしておいた方がいいの?」「欲しい車の在庫の確認はしておいた方がいいの?」と思う方もいるでしょう。

結論からいうと、予約や在庫確認はしなくても問題はないですが、可能ならしておいた方がベターです。

スポンサーリンク

予約や在庫確認を事前にしておいた方がいい理由

特に欲しい車種もまだ決まっておらず、ふらっと「いい車があれば購入も検討しようかな~。」という程度で、中古車販売店を訪れるのであれば、もちろん予約や在庫確認などは必要ありませんが、欲しい車も決まっており、予算も決めてあり、がっつり買う気満々で店に行く場合は、予約や在庫確認をしておいた方がなにかとスムーズです。

欲しい車を伝えて、在庫の確認もして予約していれば、あらかじめ試乗や実車確認もしやすいように車を表に出しておいてくれるでしょうし、担当者もきっちり時間を取って対応してくれるでしょう。
予約や在庫確認なしでいきなり来店した場合、お目当ての車が既に売れてしまっていた!という場合や、お店の奥の方にあり、試乗どころか外観チェックすらできなかったという場合もあります。

ただし、予約もして、在庫確認もして来店するとなると、お店にしてみれば、かなり購入意欲の高いお客ということになりますので、あんまりがっつり営業されるのが苦手な方は、ふらっと見に来ただけ~という雰囲気で冷やかしに行ってみてもいいでしょう。

また、購入を検討してはいるけれど、とりあるず実車を見たり、試乗をしてから、じっくり考えたいという場合は、あえて、他店にも予約を入れておいて、これから他店も見にいく約束があるので~。と言うことで、交渉材料にもなりますし、性格的に断りにくい方は使える手です。

予約や在庫確認の仕方

一番、早くて簡単なのは、やはり電話ですね。

「ホームページに掲載されていた○○の車を見てみたいのですが・・・。」「○○を探しているのですが、ありますか?」などという風に電話すれば、まっとうなお店であれば、どこも非常に丁寧に対応してくれるはずです。
逆に、電話対応が雑で不作法な場合は、そのお店には行かない方がいいでしょう。

最近では、インターネットで在庫確認や来店予約を受け付けているお店も多いです。
電話が苦手な方は、気になることの質問とともに、来店予約をネットでしてしまってもいいでしょう。

コメント