ネットの中古車情報サイトを利用して、相場を調べ、実際に見積もりを取ってみる。

ゼロから分かる!中古車購入の手順・流れ

予算も決めて、欲しい車種もある程度、絞れてきたら、次は、ネットでだいたいの相場を調べておきましょう。

スポンサーリンク

カーセンサーやgoo-netなどの中古車情報サイトを利用すれば、家にいながら簡単に全国の中古車情報を検索できるので、自分が欲しい車種・年式・グレードで検索すれば、だいたいの中古車の相場が分かります。

中古車検索サイト全部まとめました!
ネットで中古車を探せる便利な中古車検索サイトをすべて集めました! 中古車検索サイト比較表 登録されている中古車の台数(目安)、探せるメーカー、対応エリアなどを比較表にまとめています。 中古車検索サイト人気ランキ...

また、自分が欲しい車種・年式・グレードだと、この予算では正直厳しい・・・など、予算との兼ね合いなども知ることができます。
予算内で欲しい車が見つかったら、早速、予約して試乗・現車確認に行ってもいいのですが、できれば、まずは無料見積もりを取ることから始めたいです。

ネットで見積もりを取ってみよう

ネットで検索して、良さそうな中古車が見つかったら、迷わず無料見積もりを取っていきましょう!
無料ですし、気兼ねすることなく、気になるものはどんどん見積もりを取っていきましょう。

なぜ無料見積もりを取ることから始めるかというと、実際に見積書をたくさん見てみると、店によって、諸費用にかなり違いがあることが分かってくるからです。
諸費用には、代行費用だけでなく、整備費用や保障など様々な費用が入っています。
逆に整備別、保障別などさらに別で費用が発生する店もあります。

できるだけたくさん見積もりを取って、見積書を比較してみることで、自分にとって必要な諸費用とそうでない諸費用、また諸費用が異様に高い店や諸費用を抑えてくれる良心的な販売店など、色々なお店があることにも気付くでしょう。

中古車購入は車両本体価格ではなく、諸費用も入れた支払い総額で考えるのが基本です。
実際に見積もりをとって、この車種でこの店で買えば支払総額がいくらになるのか、こっちの店ならいくらになるのかをきちんと比較して購入する店を選びたいですね。

また、見積書の項目には、主に以下の5点があります。

  • 車両本体価格
  • 整備費
  • 保証費
  • 法定費用(税金、印紙代、自賠責保険料)
  • 販売店手数料(代行費用)

これらの項目をしっかり分けて比較することで、より店による違いが分かってくるので、見積書を比較するときには項目別に分けて比較するようにしましょう。

コメント