ステーションワゴンの特徴とメリット・デメリット

ステーションワゴンの特徴とメリット・デメリット ステーションワゴン

ステーションワゴンとは、セダンの居住空間をトランク部分に後ろに引き延ばして繋げて2BOXにしたボディタイプのことをいいます。

これによって、セダン並の走行安定性を保ちながら、荷物をたくさん載せられるようになりセダンよりも実用性が高まるというメリットがあります。

よくハッチバックとステーションワゴンはどう違うのか?と言われますが、ハッチバックとは本来、後方の居住空間と荷室を一体化し、後部のドア(セダンでいうトランクルームのドア)がそのまま、居住空間まで通じている構造のことをいいます。

ですので、ステーションワゴンもハッチバック構造といえます。
しかし、最近では、1000cc~1500ccクラスのコンパクトカーでハッチバック式の構造の車種を総称して、ハッチバックと呼んだりします。

明確な区別はないようですが、大きいハッチバック式のタイプをステーションワゴン。
小さいハッチバック式のタイプを、ハッチバックまたは、コンパクトカーと覚えておけばいいでしょう。

ステーションワゴンのメリット

自動車の基本形であるセダンと近いため、走行安定性がいい。
静音性に優れており静か。
荷物がたくさん載せられる。
ミニバンより生活臭さがない。

ステーションワゴンのデメリット

セダンと比較すると、走行安定性、静音性はどうして見劣りする。
デザインの好みが分かれる。
Lサイズのミニバンと比較すると、積載性で見劣りする。

ステーションワゴンの車種一覧

トヨタ

アベンシスワゴン、プリウスα(2列シート(5人乗り)モデル)、カローラフィールダー

日産

ウイングロード

ホンダ

フィットシャトル

マツダ

アテンザワゴン

スバル

レガシィツーリングワゴン

ダイハツ

メビウス

メルセデス・ベンツ

Cクラス ステーションワゴン、Eクラス ステーションワゴン、CLS シューティングブレーク

アウディ

A4 アバント、A6 アバント

BMW

3シリーズ ツーリング、5シリーズ ツーリング

フォルクスワーゲン

パサート ヴァリアント、ゴルフヴァリアント

ルノー

メガーヌ ツーリングワゴン

プジョー

207 SW、308 SW、508 SW

シトロエン

C5 ツアラー

アルファ・ロメオ

159 スポーツワゴン

ボルボ

V70、V50

サーブ

93スポーツエステート、95エステート

クライスラー

300Cツーリング

ヒュンダイ

i30 CW

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

スポンサーリンク