2018/1/8発売!新型アルファードはマイナーチェンジでどこが変わった?旧型との違いも比較

アルファード

トヨタが誇る最高級ミニバン「アルファード」と「ヴェルファイア」が、2015年1月のフルモデルチェンジから、3年ぶりにモデルチェンジをして2018年1月8日に発売開始されました。
このページでは、マイナーチェンジをして30系アルファード後期型へと進化したアルファードの新しい装備や、前期型から変更された点などを詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

新型アルファードで変わった点

フロントフェイスを中心にエクステリアデザインが変わった

新型アルファードでもっとも変化を感じる部分が外観デザインの変更です。

フロントフェイス

アルファード30系前期型(2015/1~2018/1)のフロントグリル

旧型アルファード(30系前期型2015/1~2018/1)のフロントフェイス

 

新型アルファード(2018/1~)のフロントグリル

新型アルファード(30系後期型2018/1~)のフロントフェイス

旧型ではナンバープレート上部までとなっていたフロントグリルが下に伸びて、ナンバープレート中央部付近まで大きくなり、より迫力の増した押しの強いフロントフェイスとなっています。
さらに旧型ではグリル下部が左右に広がっていくレクサスのスピンドルグリル風のデザインとなっていましたが、新型ではストレートとなり、シャープな印象になっています。
ヘッドライトはフロントグリルとつながり、少し細目のシャープなデザインとなりました。

旧型アルファード(30系前期型2015/1~2018/1)エアロボディのフロントフェイス

 

新型アルファード(30系後期型2018/1~)エアロボディのフロントフェイス

エアロボディタイプも基本的な変更点は同じですが、特にヘッドライト・フォグランプ周りの印象が大きく変わっています。

リヤ

標準ボディもエアロボディもリアデザインでの変更は、ガーニッシュが少し変わっている程度で基本的な印象は旧型と同じです。
テールランプにはLEDシーケンシャルターンランプが採用されています。

旧型アルファード(30系前期型2015/1~2018/1)のリヤ

 

新型アルファード(30系後期型2018/1~)のリア

 

旧型アルファード(30系前期型2015/1~2018/1)エアロボディのリア

 

新型アルファード(30系後期型2018/1~)エアロボディのリア

LEDシーケンシャルターンランプ

ヘッドライト・テールランプには、LEDシーケンシャルターンランプが採用されています。
ウィンカーを出した際に内側から外側へ光が流れるように点灯する機能です。

視覚的にも目立つので周りへの視認性も向上し、おしゃれでかっこいいということで最近人気の装備となっています。

トヨタ車だとC-HRやハリアー、トヨタ以外だと、レクサスLXやRX、アウディA8やR8など、主に高級車に採用されています。

インテリアはあまり変化なし。内装色にブラック&ホワイトを追加

インテリアカラーは旧型と変わらず、フラクセンとブラックとなっており、グレードによって、内装の加飾が豪華になったり、シート表皮がファブリックや本革になったりします。

あまり大きな変化はありませんが、加飾が増えたり、シート表皮に細工が施されたりとより高級感を増した改良がされています。

内装色「フラクセン」、シート表皮「ファブリック」 写真は「X」

内装色「ブラック」、シート表皮「プレミアムナッパ本革」 写真はエグゼクティブラウンジ

また、新型から新しく設定されたエグゼクティブラウンジのエアログレード「エグゼクティブラウンジS」のみ、内装色に「ブラック&ホワイト」を選択可能になっています。

内装色「ブラック&ホワイト」、シート表皮「プレミアムナッパ本革」

カラーバリエーションの変更

ボディカラーは以下の7色となっています。

  • ブラック
  • スティールブロンドメタリック
  • グラファイトメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク
  • ダークレッドマイカメタリック
  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

ダークレッドマイカメタリック(エアロタイプ専用色)、スティールブロンドメタリック(標準タイプ専用色)、グラファイトメタリックの3つの新色が追加されています。

また、旧型にあったシルバーメタリック、グレーメタリック、グレイッシュブルーマイカメタリックの3色は廃止されています。

ブラック

スティールブロンドメタリック

グラファイトメタリック

ホワイトパールクリスタルシャイン

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

ダークレッドマイカメタリック

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

第2世代トヨタセーフティセンスを全グレードに標準装備

トヨタセーフティセンス

トヨタの予防安全パッケージToyota Safety Senseの第2世代版が全車標準装備となりました。
これは、C-HRやプリウスなどに搭載されているトヨタセーフティセンスPの進化型で、トヨタブランド初となる機能が多数採用されています。

主な機能

  • ハンドル操作サポート(レーントレーシングアシスト)
  • 自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)
  • 追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)
  • 自動ハイビーム(アダプティブハイビームシステム)/オートマチックハイビーム)
  • 標識読み取りディスプレイ(ロードサインアシスト)

レーントレーシングアシスト(LTA)は、車線から逸脱しそうになったときに警告したり、自動でハンドル操作でサポートします。
さらに高速道路などの自動車専用道路を走行中には、レーダークルーズコントロールによって、前車を自動で追従しながら、車線維持のためのハンドル操作をサポートします。

これにより、完全自動運転ではないものの、高速道路での運転は非常に楽になります。

衝突防止機能となるプリクラッシュセーフティでは、これまでのミリ波レーダーだけでなく、ミリ波レーダーと単眼カメラによって昼だけでなく夜でも歩行者を認識し(自転車は昼のみ)、万が一、衝突の危険があると自動ブレーキによって衝突を回避、もしくは被害軽減を行います。

その他、新しくなったトヨタセーフティセンス(第2世代版)について詳しくは下記の記事をどうぞ。

[どこが変わった?新型トヨタセーフティセンス(第2世代版)を徹底解剖(作成中)]

V6 3.5Lエンジンを刷新

エグゼクティブラウンジ、エグゼクティブラウンジS、GF、SCに搭載されている3.5L V6エンジンが主要部品を一新した新型「V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)エンジン」となりました。

トヨタ独自の燃料噴射システム「D-4S」を採用、運転状況に応じて吸・排気バルブの開閉タイミングを最適に制御するDuaI VVT-i(吸気側VVT-iW)など、トヨタブランド国内初となる最新技術を惜しみなく投入しています。

これにより、最高出力は旧型の206kW(280PS)/6,200r.p.m.から、221kW(301PS)/6,600r.p.m.へ21PSアップ。
最大トルクは、35.1kgf・m(344N・m)/4,700r.p.m.から、36.8kgf・m(361N・m)/4,600~4,700r.p.m.と1.7kgf・mアップ。

よりスムーズな加速と力強い走りを楽しめるようになると同時に、車内の静粛性もアップ。
快適な室内空間となっています。

3.5Lエンジンに組み合わせられるトランスミッションも、6速ATから8速ATへと進化。
トヨタ国内初となる「Direct Shift-8AT(8速オートマチックトランスアクスル)」により、ドライバーの思い通りに反応するダイレクトな走りを追求しています。

さらに、8速シーケンシャルシフトマチックも搭載し、オートマチックでありながらマニュアル感覚のドライビングも楽しめます。

これにより燃費性能も向上。
マイナーチェンジ前の燃費が、JC08モード燃費9.1~9.5km/Lに対し、3.5Lの大排気量エンジンでありながら、10.4~10.8km/Lと10km/L越えを実現しています。

予想・期待されていたけど変わらなかった点

2.0Lターボはなし

ハリアーに2.0Lダウンサイジングターボが搭載されたことで、アルファードのマイナーチェンジでも、3.5L V6エンジンがなくなり、2.0L 直列4気筒ターボの8AR-FTエンジンが搭載されるのでは?と噂されていました。

しかしながら、今回のマイナーチェンジでは、新型エンジン「V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)エンジン」が搭載され、2.0Lターボエンジンの採用はありませんでした。

元々、アルファードは、2.5L+モーターのハイブリッド、2.5Lガソリン、3.5Lガソリンと、パワートレインのラインアップが豊富なので、必要ないと判断だったのかもしれませんね。

とはいえ、世界的にはダウンサイジングターボの流れとなっているので今後どうなっていくかは見守りたいと思います。

スポンサーリンク

グレード展開と価格

旧型との価格比較もいれる

グレードボディエンジン価格
エグゼクティブラウンジ標準ハイブリッド7,358,040円
G "F"パッケージ標準ハイブリッド5,529,600円
G標準ハイブリッド4,975,560円
X標準ハイブリッド4,363,200円~
エグゼクティブラウンジ標準3.5L7,034,040円~
GF標準3.5L4,632,000円~
G標準2.5L4,185,000円~
X標準2.5L3,354,480円~
エグゼクティブラウンジSエアロハイブリッド7,508,160円
SR “C パッケージ”エアロハイブリッド5,674,320円
SRエアロハイブリッド5,119,000円~
Sエアロハイブリッド4,610,520円
エグゼクティブラウンジSエアロ3.5L7,183,080円~
SCエアロ3.5L4,947,480円~
S “C パッケージ”エアロ2.5L4,362,120円~
S“A パッケージ”エアロ2.5L3,905,280円~
Sエアロ2.5L3,692,520円~

旧型との違いは?主要装備・スペック比較

3代目アルファード前期型となる2015年モデルと、3代目アルファード後期型となる2018年モデルの主要装備・主要スペックを比較表にしました。

主要装備

トヨタセーフティセンス(第2世代版)が全車標準装備となったことで、主に予防安全装備が充実しています。

 2015年モデル新型アルファード
プリクラッシュセーフティ一部グレードに標準装備
対車両のみ
ミリ波レーダー方式
全車標準装備
歩行者(昼夜)、自転車(昼)検知機能付き衝突回避支援タイプ
ミリ波レーダー+単眼カメラ方式
レーンアシストレーンキーピングアシスト(LKA)全車標準装備
レーントレーシングアシスト(LTA)
レーダークルーズコントロール一部グレードに標準装備全車標準装備
認識性能の向上、上限車速の撤廃など
ロードサインアシスト(RSA)×全車標準装備
アダプティブハイビームシステム(AHS)×一部グレードに標準装備
ブラインドスポットモニター(BSM)×一部グレードに標準装備
リヤクロストラフィックアラート(RCTA)×一部グレードに標準装備
インテリジェントクリアランスソナー一部グレードに標準装備一部グレードに標準装備
インテリジェントパーキングアシスト2一部グレードに標準装備一部グレードに標準装備
駐車区画線認識機能の改良、前進誘導機能の使用性向上など
ヘッドランプ全車標準装備
LEDハイ/ロービーム・オートレベリング機能付&LEDクリアランスランプ
一部グレードに標準装備
3眼ヘッドランプ
LEDハイ/ロービーム・オートレベリング機能付&LEDクリアランスランプ
インナーミラー自動防眩インナーミラー(一部グレードに標準装備)
防眩インナーミラー(全車標準装備)
デジタルインナーミラー(一部グレードに標準装備)
スマートエントリー一部グレードに標準装備
ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能付+プッシュスタートシステム
全車標準装備
運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付き
プッシュスタートシステム+スマートキー2個

主要スペック

主要スペックについて進化しているのは3.5Lモデルのみ、2.5Lとハイブリッドに関してはまったく変更はありません。
グレード構成と乗車定員に若干の変更があります。

ハイブリッド

主要諸元2015年モデル新型アルファード
グレード構成(乗車定員)エグゼクティブラウンジ(7)
G(7)
G"F"パッケージ(7)
SR(7)
SR"C"パッケージ(7)
X(7/8)
エグゼクティブラウンジS(7)
エグゼクティブラウンジ(7)
G(7)
G"F"パッケージ(7)
SR(7)
SR"C"パッケージ(7)
S(7)
X(7/8)
駆動方式E-Four
最小回転半径 m5.6~5.8
JC08モード燃費 km/L18.4~19.4
最低地上高 mm160~170
室内長 mm3,210
幅 mm1,590
高 mm1,400
エンジン型式2AR-FE
総排気量 L2,493
最高出力 kw(PS)/r.p.m.112(152)/5,700
最大トルク N・m(kgf・m)/r.p.m.206(21.0)/4,400~4,800
システム最高出力 kw(PS)145(197)
フロントモーター最高出力 kW(PS)105(143)
最大トルク N・m(kgf・m)270(27.5)
リヤモーター最高出力 kW(PS)50(68)
最大トルク N・m(kgf・m)139(14.2)
サスペンションフロントマクファーソン・ストラット式コイルスプリング
リヤダブルウィッシュボーン式コイルスプリング

2.5L

主要諸元2015年モデル新型アルファード
グレード構成(乗車定員)G(7/8)
S(7/8)
S"C"パッケージ(7)
S"A"パッケージ(7)
X(8)
G(7)
S(7/8)
S"C"パッケージ(7)
S"A"パッケージ(7)
X(8)
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径 m5.6~5.8
JC08モード燃費 km/L11.4~12.8
最低地上高 mm160~170
室内長 mm3210
幅 mm1590
高 mm1400
エンジン型式2AR-FE
総排気量 L2493
最高出力 kw(PS)/r.p.m.134(182)/6,000
最大トルク N・m(kgf・m)/r.p.m.235(24.0)/4,100
サスペンションフロントマクファーソン・ストラット式コイルスプリング
リヤダブルウィッシュボーン式コイルスプリング

3.5L

主要諸元2015年モデル新型アルファード
グレード構成(乗車定員)エグゼクティブラウンジ(7)
GF(7)
SA(7)
SA"C"パッケージ(7)
エグゼクティブラウンジS(7)
エグゼクティブラウンジ(7)
GF(7)
SC(7)
駆動方式2WD/4WD
最小回転半径 m5.6~5.8
JC08モード燃費 km/L9.1~9.510.4~10.8
最低地上高 mm160~170
室内長 mm3,210
幅 mm1,590
高 mm1,400
エンジン型式2GR-FE2GR-FKS
総排気量 L3,456
最高出力 kw(PS)/r.p.m.206(280)/6,200221(301)/6,600
最大トルク N・m(kgf・m)/r.p.m.344(35.1)/4,700361(36.8)/4,600~4,700
サスペンションフロントマクファーソン・ストラット式コイルスプリング
リヤダブルウィッシュボーン式コイルスプリング

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

車を高く売るには、複数の買取業者へ見積もりに出して、競争させることが必須です。
複数業者で見積もりを競争するので交渉せずとも勝手に査定額が上がっていくんですね。
ディーラーでの下取りや1~2社程度の買取業者への売却だと、安値で買い叩かれるのがオチですので注意しましょう!
かんたん車査定ガイド」を使えば、一括で最大10社への見積もり依頼がカンタン・無料でできます。

提携先査定会社

アルファード
クルマ戦隊をフォローする
クルマ戦隊

コメント