【新型アルファード/ヴェルファイア】7人乗り・8人乗りの違いは?どっちがオススメ?

アルファード

新型アルファード/ヴェルファイアでは7人乗りと8人乗りを選ぶことができます。
子供がたくさんいたり、祖父母などを乗せる機会も多く、大人数で乗る機会が多い人や、小さい赤ちゃんがいる家庭の人などは7人乗りと8人乗りのどっちを選べばいいのかな?と迷っている方も多いかもしれません。

このページでは、アルファード/ヴェルファイアの7人乗りと8人乗りのシートの形状や使い勝手など基本的な違いから、それぞれのメリット・デメリット、選び方のポイントなどを解説しています。

※補足
アルファードとヴェルファイアは名前や外観が違うだけで内装や価格などはまったく同じです。以下は主にアルファードについて書いてありますが、そのままヴェルファイアに読み替えて大丈夫です。

スポンサーリンク

アルファードの7人乗りと8人乗りはどこが違う?

シートの形状の違い

7人乗りの2列目シートはセパレートタイプのキャプテンシートとなっています。

7人乗りのセカンドシート(エグゼクティブパワーシート)

7人乗りのセカンドシート(写真はエグゼクティブパワーシートの場合)

8人乗りは3人掛けのベンチシートとなっています。

8人乗りのセカンドシート(3人掛けのベンチシート)

8人乗りのセカンドシート(3人掛けのベンチシート)

見ての通り、7人乗りのシートの方が折りたたみ式サイドテーブル、角度調整のできる大型ヘッドレスト、オットマン、固定席アームレストなどが付いていて座り心地も見た目の豪華さでも7人乗りに軍配が上がります。

7人乗りのセカンドシート(写真はリラックスキャプテンシートの場合)

リラックスキャプテンシートの場合でも、無段階調整が可能な回転式アームレスト、オットマンなどがついていて快適です。

シートアレンジの違い

7人乗りのシートアレンジパターン

(写真はエグゼクティブパワーシートの場合)

リヤシートフルフラットモード

リヤシートフルフラットモード

フロント・セカンドフルフラットモード

フロント・セカンドフルフラットモード

4人乗車+荷室モード

4人乗車+荷室モード

最大積載モード

最大積載モード

8人乗りのシートアレンジパターン

リヤシートフルフラットモード

リヤシートフルフラットモード

フロント・セカンドフルフラットモード

フロント・セカンドフルフラットモード

5人乗車+荷室モード

5人乗車+荷室モード

最大積載モード

最大積載モード

シートアレンジでは8人乗りに軍配があがります。
8人乗りの場合フルフラットモードでは隙間なくベッドのようなフラットな形状にまでできるので、車中泊用のエアーマットなどを敷けば車中泊もかなり快適にできます。

また3列目を折りたたんだ状態でも5人乗車が可能で、最大積載モードにすればかなり大きな荷室を確保することが可能です。

価格の違い

8人乗りの方がシートが簡素になっているので価格は安いです。
ただし価格差は4万円ほどです。

アルファード

グレード 乗車定員 価格 同グレードの7人乗りの価格
X 8人 3,354,480円 なし
S 8人 3,692,520円 3,735,720円
X(ハイブリッド) 8人 4,363,200円 4,405,320円

ヴェルファイア

グレード 乗車定員 価格 同グレードの7人乗りの価格
X 8人 3,354,480円 なし
Z 8人 3,692,520円 3,735,720円
X(ハイブリッド) 8人 4,363,200円 4,405,320円

売れ筋はどっち?リセールバリューは?

売れているのは圧倒的に7人乗りです。
やはりせっかくの高級ミニバンなので、2列目にも快適な座り心地と車格を感じられるキャプテンシートが好まれているようです。

中古車市場でも人気があるのは7人乗りとなっています。
中古車市場人気の高さとリセールバリューは比例しますので、中古車として売却する際の査定額が高いのも7人乗りとなっています。

スポンサーリンク

7人乗りと8人乗りそれぞれのメリット・デメリット

7人乗り 8人乗り
メリット
  • キャプテンシートの座り心地が良い。
  • 3列目へのウォークスルーができる。
  • チャイルドシートを2台設置する場合、トライアングルモードができる。
  • 8人乗れる。
  • 3列目を跳ね上げて荷室にした状態のままで5人乗れる。
  • 3列目を跳ね上げて、2列目ベンチシートを畳んで前にスライドすれば大きな荷室ができる。
  • 少し価格が安い。
  • ベンチシートでおむつ替えなどがしやすい。
デメリット
  • 座面の前方が持ち上がっているので、子供など小柄な人は太ももに圧迫感を感じることがある。
  • 5人乗る場合、荷室スペースは結構狭い。
  • 5人乗る場合、1人だけ3列目で孤立する。(3.5Lならフロントとサードはかろうじて会話可能。2.5Lは無理。)
  • 3列目へのウォークスルーができない。
  • キャプテンシートよりも座り心地は落ちる。
  • セカンドシート真ん中の座り心地は良くない。
  • 3列目への乗り降りのたびに2列目を前へスライドさせる必要がある。
  • 選べるグレードが少ない。

どちらがいいか迷ったときの選び方ガイド

8人乗る機会が多い人以外、基本は7人乗りを選べば良い

8人乗りタイプの一番のメリットは「8人乗れること」です。
8人乗る機会が多いという人は現実的に8人乗りを選ぶ以外の選択肢はないです。

ただ、8人も乗る機会が多いというのはよっぽどの大家族でもない限りそれほど多くないと思います。
大人2人+子供2人の4人家族までの世帯で、たまに祖父母も乗るかな~という感じの人は7人乗りを選ぶのがいいかと思います。

5人家族でアウトドアなどによくでかける場合、8人乗りを選ぶメリットは大きい

大人2人+子供3人の5人家族になると8人乗りが選択肢に出てきます。
7人乗りに5人乗車するとなると誰か1人は必ず3列目に座る必要が出てきますが、8人乗りの場合は2列目に3人座ることで、3列目を使わずとも5人乗車できるからです。

このメリットは意外に大きく、3列目シートを両方跳ね上げて広い荷室として利用できます。
5人家族でキャンプなどのアウトドアによく出かけたり、かさばる荷物を積むという場合、5人乗車しても3列目を丸ごと荷室として使えるのは大きいです。

またいくら静音性に優れたアルファードといえど、3列目と1列目で不自由なく会話するのはちょっと厳しいです。(3.5Lならかろうじて会話できるかも?という程度)
そうなると3列目に座る人が孤立してしまうかもしれません。

あと3列目はけっこう揺れるので子供が座ると車酔いしやすいかもしれません。

以上の理由から(子供の年齢にもよりますが)運転席と助手席に親、2列目のベンチシートに子供3人でわいわいにぎやかにお出かけというのがいいかもです。

ただし、2列目真ん中の席はちょっと盛り上がっていて座り心地はあまりよくありません。
子供が真ん中の席を嫌がって席の奪い合いになってしまうかもしれません。

また3列目にもチャイルドシートを設置する必要がある場合、3列目へのウォークスルー可能な7人乗りの方が使い勝手はいいです。

車中泊の快適性や荷室の広さにこだわるなら8人乗りも選択肢に入る

車中泊を快適に楽しみたい人や、自転車など大きな荷物を載せる人は8人乗りもおすすめです。

リヤシートフルフラットモード

8人乗りの場合、上記写真のようにフルフラットにシートアレンジすることが可能です。
ここに車中泊用のエアーマットを敷けばベッドで寝るように快適に寝ることが可能です。

リヤシートフルフラットモード

7人乗りのエグゼクティブパワーシートの場合、固定式アームレストがちょっと邪魔ですし、シートの間に隙間が空いてしまいます。
7人乗りで車中泊を快適にしようとすれば、エグゼクティブパワーシートではなく、リラックスキャプテンシートを選び、さらに隙間にクッションなどを詰めるなどの工夫が必要になります。

最大積載モード

8人乗りは上記写真のようにベンチシートをチップアップして前にスライドすることで荷室を大きく取ることが可能です。
自転車のような大きく長い荷物も積むことが可能となります。

チャイルドシートを2台以上設置する場合のベストプラクティス

チャイルドシート1台なら運転席後ろの2列目に設置すればOKですが、2台以上となるとどこに設置するのが使い勝手&安全性がいいのか悩みどころですね。

アルファードではG(7人乗り)、SA、S“Aパッケージ”に最大1,160mmの助手席スーパーロングスライド機能が標準装備されています。
※2018年1月のマイナーチェンジによって助手席スーパーロングスライド機能を装備するのはS“Aパッケージ”(Z”Aエディション”)のみとなってしまいました。

ダブルトライアングルモード

ダブルトライアングルモード

助手席スーパーロングスライド機能により上記写真のようなダブルトライアングルモードというシートアレンジができます。

チャイルドシートを2台設置する場合、上記画像のように運転席後方の2列目と3列目にチャイルドシートを設置し、助手席側の2列目に父母のどちらかが座ることで2人の赤ちゃんの顔を見ながら乗車できます。

3列目は後方からの追突が心配・・・という場合は上記のような感じでもいいかもです。
もしくは父母が助手席ではなく3列目に座った方が世話はしやすいかもです。

8人乗りの場合、上記が可能ならベストですがちょっと狭いです。
比較的小さなジュニアシート等なら無理ではないですが、アップリカのフラディアなど最近の横向きに回転するような大きなチャイルドシートだと2台設置した上で真ん中に大人が座るのはいくら室内幅が1585mmあるアルファードといえど不可能です。

あと3列目へのアクセスがかなり悪くなります。

結局はこうかと。
もしくは父母が3列目に座った方がお世話はしやすいかもです。

こうしてみると、チャイルドシートを2台以上取り付ける必要のあるご家庭の方は7人乗りの方が使い勝手はいいでしょう。

参考)アルファードのシート位置別チャイルドシート取り付け可否

表の見方
  • 質量グループ:ECE R144(子供専用シートに関する国際法規)の基準に適合するシートの分類
  • U:この質量グループでの使用を許可された汎用(ユニバーサル)カテゴリーの子供専用シートに適しています。
  • UF:この質量グループでの使用を許可された汎用(ユニバーサル)カテゴリーの前向き子供専用シートに適しています。
  • ×:子供専用シートを取り付けることはできません。
フロントシート
質量グループ 助手席
0
(10kgまで)
×
0+
(13kgまで)
×

(9~18kg)
前向き UF
後ろ向き ×

(15~25kg)
UF

(22~36kg)
UF
セカンドシート
質量グループ 7人乗り 8人乗り
左右席 左右席 中央席
0
(10kgまで)
U U U
0+
(13kgまで)
U U U

(9~18kg)
U U U

(15~25kg)
U U U

(22~36kg)
U U U
サードシート
質量グループ 左右席 中央席
0
(10kgまで)
U ×
0+
(13kgまで)
U ×

(9~18kg)
U ×

(15~25kg)
U ×

(22~36kg)
U ×

後から7人乗り⇔8人乗りの変更ってできるの?

可能か不可能かでいうと可能です。
ですが、かなりの手間とお金がかかりますので、現実的には不可能と思っておいた方がいいです。

もしそのような改造をしてくれる業者が見つかったとしても工賃は恐らく10~20万円じゃ済まないです。
乗車定員変更になるので車検の取り直しになりますし、改造車となってリセールバリューも落ちて、いいことありません。

購入前にしっかりシミュレーションして検討するようにしましょう。

まとめ

以上、新型アルファードの乗車人数は7人乗りか8人乗りかどっちがいい?シート形状やシートアレンジの違いはどんなところかを解説しました。

まとめると、乗り心地は7人乗り、積載性は8人乗りといったところです。
ただ子供の人数、年齢、用途などによっても最適解は変わってくるので、ご自身でよく利用シーンなどをシミュレーションしながら検討してみてくださいね!

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

車を高く売るには、複数の買取業者へ見積もりに出して、競争させることが必須です。
複数業者で見積もりを競争するので交渉せずとも勝手に査定額が上がっていくんですね。
ディーラーでの下取りや1~2社程度の買取業者への売却だと、安値で買い叩かれるのがオチですので注意しましょう!
かんたん車査定ガイド」を使えば、一括で最大10社への見積もり依頼がカンタン・無料でできます。

提携先査定会社

チャットで手軽に中古車探し

「車に詳しくないけど中古車選びで失敗したくない。」「忙しくて中古車屋さんに探しに行く時間がない。」「どんな車がいいか分からないから色々相談したい。」
そんな方におすすめなのがガリバーの「クルマコネクト」です。

チャットで相談できるので、スキマ時間に手軽に中古車探しができちゃいます。
電話や対面じゃないから無理な売り込みをされる心配もナシ。
カーセンサー等のネットでは公開されていないお買い得な非公開在庫も見つかりますよ♪

アルファード
car-sentaiをフォローする
クルマ戦隊

コメント